足立区エリアで口コミ人気NO1!痛くないと評判の整体です。

テル カイロプラクティック オフィス


整体と膝痛

syojyoubetu.sub.hp.png
  • 正座ができない
  • 長い時間座った後に立つときに膝が痛い
  • 階段の登り降りがツライ
  • 膝が真っすぐ伸びない
  • 膝の奥がチクチク痛い

膝痛の原因
nkee.hp.jpg
若い人の場合はスポーツなどのオーバーユース、十字靭帯の断裂
など外傷性の膝痛が多いようですが、一般的に多い中年以降の方の場合は、病院に行くと変形性膝関節症と診断されることが多いようです。

しかし、最近では椎間板ヘルニアと同様、骨の変形や半月板が薄くなっても痛みの原因にはならないと言われています。

では何が原因かといいますと、靭帯や筋肉の断裂などを除けば、筋肉のスパズム(緊張)です。老化によって筋肉が硬くなり、さらに腰が曲がると重心が前に移動するので、膝に負担がかかります。またO脚が進行した結果、膝の外側に負担がかかることで膝の筋肉が疲労します。

筋肉は疲労をすることで血行不良となり痛みが出ます。また、内臓の反射痛で痛みが出ることもあります。

 
膝痛を解消するためには?
膝の痛みを起こしている原因の多くの筋肉は、骨盤の坐骨や恥骨、股関節とつながっていますので、まず整体で骨盤や股関節を矯正します。さらに地面と接する足首を矯正することで膝にかかるネジレをなくします。

また、体の重心を戻すために背骨の歪みや柔軟性を回復させます。体のバランスを良くすることで膝にかかる負担をへらすことと、筋肉の緊張を緩めることで痛みを改善しますが、それでもまだ良くならない、あるいは痛みが残る場合は膝関節を矯正します。

関節は単独で機能しているわけでなく、それぞれ連動しているので歩くときには各関節は一定の動きをします。ですからどこかの関節の動きに制限が起きますと、他の関節に負担がかかってしまうのです。

ですから膝が痛くてもいきなり膝を矯正するのではなく、どの関節の動きに制限があるかをみつけて治療していくことが根本治療のポイントです


syoujyoubetu5.hp.png

筋肉を鍛えれば良くなるか?
膝の痛みに限らず腰痛などは筋肉を鍛えればよくなるかとよく質問を受けます。では、筋肉ムキムキのスポーツマンには腰痛や膝痛はないでしょうか?

そんなことはありません。今までと同じ筋肉量なのに力が弱くなったとしたら、それは筋肉の量や太さが原因ではないのです。

筋肉を動かしているのは何でしょうか?その原動力はなんでしょうか?筋肉をエンジンに例えるとが脳と神経はバッテリー、糖や脂肪などのエネルギーはガソリンです。

つまり、脳や神経が正常に働いていないといくら筋肉自体が正常でも、あるいは栄養をとっても筋肉は十分に働いてはくれません

まずは、骨盤や背骨を矯正し、神経伝達や脳脊髄液の流れを正常にすることで、筋肉の性能を活かせるようにしてあげることが先でしょう。

もちろん、全く動かないと筋肉自体が弱くなってしまいますし、筋線維が癒着したりしてしまうので、歩いたり最低限の運動は必要です。

ただ、いくら鍛えても良くならない場合は、筋肉よりも神経や内臓などに目を向けるべきかもしれません。


syoujyobetu2.hp.pngsyoujyobetu1.hp.png syoujyoubetu3.hp.png
syoujyoubetu4.hp.png

テル カイロプラクティック オフィスのご案内

住      所:
〒123-0852  東京都足立区関原1-5-29
アクセス:
都バス「放水路土手下」停留所から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-5845-5470
受付時間:
午前10:00〜12:30
午後14:00〜20:00
定休日:
水曜・日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ